読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【スパロボV攻略】強力なマップ兵器を持つオススメ機体ランキング

スーパーロボット大戦Vではかなり敵の数が多いステージもあり、通常兵器のみではクリアが困難な場合も。

敵の数が多いステージではマップ兵器が重要で、これを使いこなせるかが攻略の鍵でもあります。


ここでは強力なマップ兵器を持つ機体をランキング形式で紹介していきます。
ランキングは管理人の独断ですので、ランキングが低いからと言って弱いと断言するわけではありません。ご了承ください。

1位 ARX-8 レーバテイン

管理人が1番使いやすいと思ったマップ兵器を持つ機体。

マップ兵器である『デモリッションガン・GHモード』が着弾指定型なので、位置取りを工夫せずとも楽に攻撃できるのが特徴。

マップ兵器の攻撃力が10段階改造で4900と他のマップ兵器に比べて劣るものの、ラムダ・ドライバ搭載機なので気力が170になれば攻撃力が20%ほどアップするので、実質大差はない。

パイロットの相良宗介が加速と魂を持っていることもあり、前線に出てバリバリ敵を破壊することが可能。
獲得資金量が増える強運持ちなことも嬉しいポイント。


移動力も平均より高いので、ハイパーリローダーを積んで単騎で突撃させましょう。中盤以降の戦いを支えてくれるチームのカナメです。


2位 ZZガンダム

チームの稼ぎ頭筆頭、ZZガンダムは単純なマップ兵器の強さからしたら2番目の順位。

一見使いやすそうなマップ兵器『ハイ・メガ・キャノン』は、実は攻撃時の位置取りがそこそこ面倒くさいです。
少し離れた相手には対応できないので、着弾指定型のマップ兵器には利便性の点で少し劣ります。

しかしその一方、攻撃力は最大クラスの5400。(10段階改造時)

魂持ちのパイロットが使えば、ボス敵すら楽にマップ兵器で倒せます。

改造ボーナスを獲得すればハイ・メガ・キャノンが気力120で使えるようになるので、開幕からガンガン使っていけるのもポイント。
とはいえ移動力が6と平均的なので、強化パーツや特殊スキルで補わないと位置取りがキツイかも。

3位 ヴィルキス

少し特殊ながらも、広範囲のマップ兵器「ディスコード・フェイザー」を持っているのが特徴。

移動力が他より8と高く、なおかつマップ兵器の攻撃力もZZガンダムと同じ(10段階改造で5400)なので、かなり強い。さすがは新規参戦組。

しかしディスコード・フェイザーに必要な気力が130、パイロットのアンジュが加速を持っていないこともあり、管理人的に順位は3位。

とはいえ気合と愛を持っているので、どちらの問題も些細なことなのかもしれない。

EN回復中をを持っているものの、マップ兵器主体で使う場合はハイパージェネレーターなどの装備を忘れずに。







4位 クスィーガンダム(ミサイルポッド)

隠し条件を満たすと、マップ兵器「ミサイルポッド」が追加されるクスィーガンダム。
(解放条件についてはこちらから。)

10段階改造時で攻撃力5200、着弾指定型、改造ボーナスで移動力10など、かなり強力な要素を持ち合わせています。
ガンダムシリーズパイロットなら自由に乗り換え出来るのも高評価。

しかし性能を総合すると平均以上、中の上ぐらいの強さしかないのでメインとして使っていくには厳しいかも。

ちなみに初期パイロットのハサウェイはマップ兵器向きの精神コマンドを持っていないので、乗り換え推奨
クスィーガンダムの性能を活かせる「加速」と「熱血」を持っているパイロット、トビアなどがオススメ


5位 ナデシコ(相転移砲)


ナデシコはスパロボVでは珍しいマップ兵器2個持ちの強力な戦艦。
(相転移砲は隠し武器。解放条件についてはこちらから。)

近接の的にはグラビティブラスト、遠距離の敵には相転移砲と武器の使い分けができるのが特徴。

また、攻撃力もそれぞれ10段階改造時で5200・5400と高いものの、戦艦なので前に出しにくいのが弱点。
(大抵のステージでは戦艦が撃墜されるとゲームオーバーなので、かなり育てていないと怖くて前線には出せない。)

ディストーションフィールド持ちとはいえ、相当ルリルリが好きでもない限りマップ兵器主体で使うのは控えた方がいいでしょう。
ルリたちの精神コマンドが戦闘向きでないのも難点。

さらにどちらの武器も敵味方識別がないので、味方の巻き込みには注意。



強力ながら惜しくも選考外になった機体たち


それなりの強さを持ちながらも様々な理由で選考外になった機体を紹介していくコーナー。

ここで紹介しているからといってその機体やパイロット、作品を中傷しているわけではないのであしからず。

ヒュッケバイン


パンプレストオリジナル機体。OGシリーズではよくお世話になりましたね。

序盤の貴重なマップ兵器持ち機体であり、乗り換え可能なパイロット『ロッティ』が幸運を持っているので、かなり利便性の高い機体。

『幸運ロッティ』というワードが流行ったとか流行らなかったとか……。


しかし肝心のヒュッケバインはマップ兵器の攻撃力が10段階改造時で4400と果てしなく微妙。

あれ、ヒュッケバインって過去作の主人公機じゃないっけ……?と疑ってしまいたくなるぐらい微妙。

過去作で猛威を奮ったストライクフリーダムガンダムのマップ兵器も10段階改造時で攻撃力4500とかなり抑えられてるので、バランス調整の犠牲になった可能性が。

さらにロッティとヴェルトが終盤まで熱血に相当する精神コマンドを覚えないのも痛い。覚えても勇気と愛なので、マップ兵器連発には向いてない。


でも序盤には活躍してくれること間違いなしなので、恵まれていると言えば恵まれている。活躍の場がないストライクフリーダムガンダムに比べたら……。


ヴァングネクス


ヴァングレイの後継機であるヴァングネクスは、10段階改造時の攻撃力が5200のマップ兵器持ち。

他に比べて攻撃力が特別高いわけでもなく、範囲も特殊で狭いので正直使う場がないのが本音。

ヒュッケバイン同様、バンプレストオリジナル機体のみでの無双プレイを制限する狙いでもあったのだろうか?

とはいえヴァングネクスは最大で強化パーツを4個付けることが可能なので、頑張れば使えないこともない……と思う。







エヴァンゲリオン初号機 疑似シン化

マップ兵器「衝撃波」は範囲が広く、攻撃力が5600と高い。

しかし疑似シン化には「気力170・シンクロ率90%」が必要なので、正直疑似シン化できる頃には戦闘が終わっている。


シンジ単騎で特攻すれば比較的早く疑似シン化できるものの、それでは「開幕からガンガン敵の数を減らせる」マップ兵器の旨味がなくなるので、使い勝手はかなり悪い。

でも使い勝手が悪い分性能は高いので、ステージ終盤に残った複数のボスクラスの相手をする時に最適ではある。


ネオ・ジオング

スパロボVの隠し機体。一定条件をクリアすると終盤に参戦。
(解放条件についてはこちらから。)

マップ兵器「メガ粒子砲」は攻撃力が5000と高く、射程も自機を中心とするタイプなのでかなり使いやすい。

しかし如何せん参入が遅く、使える話数が限られているのが難点。

もう少し参戦が早ければ、フル・フロンタルの超マップ兵器向きの精神コマンド(加速・覚醒・熱血)のこともありランキングトップに君臨していたかもしれない。


誰を使うかはあなた次第


ここではマップ兵器が強い機体・弱い機体について紹介してきましたが、どれを使うかはあなた次第。

威力低くて使いにくいけどロッティちゃんが好きだから俺はヒュッケバインを使うぜ!というのも1つのプレイスタイルなのだ。


しかしこのランキングがスパロボV攻略に悩めるひとりでも多くのユーザーの役に立てれば幸いです。