読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【スパロボV攻略】キュベレイMk-Ⅱ(プル・プルツー)の性能・評価

機体情報(味方)

性能

評価

プルとプルツー機では性能にほとんど違いがないので、同列として扱うことに。


キュベレイMk-Ⅱは珍しくファンネルがEN制で使える機体。
他の機体だと弾数制の場合が多いので、これは結構貴重。

スパロボVではTacPカスタマイズでEN回復効果を付与することもできるので、弾数制より回復が容易なのが特徴。


ファンネルは射程距離も長く攻撃力も5700なので使いやすいが、キュベレイMk-Ⅱの性能は低いので前線に出すのは向いてない。

どれぐらい性能が低いかというと、運動性がたったの155しかないのだ。
他のリアル系機体が軒並み運動性170~180を記録している中、155はかなり厳しい。

とはいえ、プルとプルツーはエースボーナスを獲得すると毎ターン必ず「集中」がかかるので実質的な回避率はそこそこ高い。
おそらくプルとプルツーのエースボーナスに合わせて運動性が設定されているのだろう。

この2人以外のパイロットを乗せるとただ単に運動性の低い機体に成り下がってしまうので注意が必要だ。

運用方法

プルとプルツーが可愛いのでキュベレイMk-Ⅱを使いたいプレイヤーは多いと思うが、正直戦闘には向いていない。

この性能で強化パーツスロットが3個なのは痛いし、特殊能力などもないので他の機体より打たれ弱く決定打にも欠けている。


もしキュベレイMk-Ⅱを使いたい場合は、ネックである移動力と攻撃力を補う強化パーツを付けてあげよう。
心配なら運動性を上げる強化パーツをつけてもいいが、プルとプルツーの場合はニュータイプと強化人間なので敢えて貴重な強化パーツスロットを割いて運動性を上げるメリットもないだろう。